2007年にフィルムカメラと出会い、いつしかプロの世界を目指すようになりました。僕の写真がアナタの心に響いたのなら幸いです。feel my mind, watch various picture thru the FINDER.


by kohji_924

<   2011年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

97分の小さな旅

土曜日、早出休日出勤だったので午後3時には仕事をあがってそのまま撮影へ。
日曜日はカメラの撮影の依頼があって自由な時間がないから無理してでも撮影に出かけてみる。

別に目的はなかったけど、いつも行きそびれる小さな島へのフェリー乗り場へ行ってみた。
運よく出航10分前。島へ行っても一時間も滞在できないけどフェリーに飛び乗り危うくコケそうになってオバちゃんに笑われた。

小さなフェリーが港を出港して10分・・・島へ到着。
あっけなさはあったけど、なんだか遠くに来たみたいな錯角を覚える。

f0212770_0571933.jpg第一島猫発見!(所さんの笑ってこらえて風)

f0212770_058464.jpgどうやら背中がかゆいそうです。

f0212770_10861.jpgあっという間に・・・
f0212770_10343.jpgたくさんの想いを乗せて飛んでゆく。
f0212770_153231.jpgごめん。エサ持ってきてないんだ・・・。
f0212770_18352625.jpgあくびばっかりしてる黒ちゃん。

f0212770_1839399.jpgこの島には猫が沢山。

f0212770_18403494.jpgフェリーを待つ釣り人からおこぼれをもらおうと待合所へ。
猫は猫なりに生きるのに必死なんだ。


f0212770_184239.jpgさっきとちがう子が座ってた。
きっと特等席なんだね。


f0212770_1843770.jpg波が押寄せてはキラキラと。

f0212770_1844010.jpg雲が輝きだした。
フェリーが汽笛を鳴らして迎えにきたよ。


f0212770_1845616.jpgただいま。
フェリーの窓は塩がびっしり。

f0212770_18455892.jpg昔の金曜ロードショーみたい。
映画ってホントにいいものですね♪


f0212770_18474342.jpg無事着陸

f0212770_18481798.jpg乗り心地はどうだい?

f0212770_18485522.jpg街灯が見下ろしてた。

f0212770_18503727.jpg釣れてますか?

f0212770_1851811.jpgさて、そろそろ帰ろう。
[PR]
by kohji_924 | 2011-02-28 01:35

if・・・

f0212770_2334971.jpg
フィルム不明

もし・・・自分の身体に不幸が訪れたなら・・・。

きっと後悔し続けるでしょう。

きっと強がりばかり言って一人孤独を感じているでしょう。

ただ、せめて頭だけでも動かせられるのなら、僕は口を使ってでも写真を撮り続けるでしょう・・・。

強がりながらも写真の中で素直な気持ちを描いていくことでしょう・・・。

口で絵や文字を描く星野富弘さんのように・・・。




NZ地震の被害拡大していますね。
災害が起きてから僕は新聞をよく読むようになりました。
そんな中、今日の新聞の記事に書かれていた一言に目を奪われました。
『生きていられるだけでいい・・・』

ここ最近、生きることについて考えさせられること沢山あります。
[PR]
by kohji_924 | 2011-02-26 00:27

七転び八起き

f0212770_0342886.jpg
今年の目標のひとつに 『個展を開催すること』があります。

カメラをはじめて4年・・・。

個展をするにはまだ早いのかもしれないと思ってましたが、写真を見てくれた方や、カメラの仕事を頂いた方々から
『写真展はしないんですか?もっと作品を見てみたいです。』と、なんとまぁ嬉しいお言葉の数々。

『もし開いたら絶対見に行きます!』『開催した際は家族全員で!』と、そんなお言葉も沢山頂きました。
皆さんからそんなこと言われたら・・・・・・・・・。

調子乗ってまうやろー!(Wエンジン風)

ウソです・・・。^^;
調子に乗ってめちゃくちゃ涙した経験があるので、もう調子に乗らないです(ホントホント)。
七転び八起き・・・のつもりが、勢い余って八回目も転ぶんか~いッ!ってならないようにしなくては・・・。
まず足元をしっかりと踏みしめなくちゃですね。

自己満足の作品ばかりなんで見てくれる人にちゃんと想いが伝わるか・・・
見てくれる人の心にしっかり残る写真であるか・・・
正直すごく不安です。

まぁ写真は自己満足の世界が色濃いんですけど、やっぱり見てくれる人たちがどう思うのか、自然に考えてしまいます。
だからもっともっといい作品を撮らないと。
と、意気込んでも撮れないのは分かってるんで、マイペースを肝に銘じながら活動していきたいと思います。

とにかく七転び八起き・・・勢い余って八回目転びませんように!
[PR]
by kohji_924 | 2011-02-25 01:50

手を振る二人・・・

f0212770_2362137.jpg
先日の記事でフィルムを現像に出したと書きましたが、今日はその仕上がったフィルムを取りに行く時のお話。

いつも利用してるカメラ屋さんは反対車線側にあるのですが、お店の前の道路に中央分離帯があるんで、面倒だけど必ず先の交差点でUターンし

ないといけません。

その日もいつものようにUターンしてお店に向かってた時に2つの人影がこちらに向かって手を振ってるのが見えたんですよ。

『ん~?』なんて言いながらよく見てみると友達だったんです。

カメラ屋の少し手前に練習スタジオがあるんですよ。

ハザードつけて車を路肩に停めてドア越しに少し話したんですが、なんでも日曜の結婚式の余興で演奏する為に練習してるとのこと。

どんな曲を演奏するのか聞いてみたら、まず結婚式の余興ではありえんやろ!って思えるくらいバリバリのロックでした。

(ガンズはありえんやろ!笑)

まぁギターの友達の結婚式なので本人がそう言うのならいいんじゃないかって思いますけど。^^

思い出に残る結婚式には間違いなくなったんじゃないかな♪

そんな僕もその二人と組んでベースをやってた時期があるんですよ。

腕前ですか?恥ずかしくて言えませぬ!(笑)本当に下手でした泣きたくなるくらいにね。^^;

逆にギターとドラムの友達はめちゃくちゃうまいんでさらに泣きたくなります(笑)。

でも楽しかったですよ。ライブ一度出てみたかったですね。

そんなこんなで今はカメラに夢中なんですが、やっぱりライブは撮影もめちゃくちゃ楽しいです♪
[PR]
by kohji_924 | 2011-02-23 23:58
f0212770_23473621.jpg
今日、フォトムービーの制作を依頼されてメモリカードをお預かりしました。
早速PCを立ち上げてデータをPCに入れる為にカードリーダーに差し込もうとしたところ、カードが・・・。

入らへん!Σ(゜Д゜)ガビーン

何度やっても・・・

入らへん!Σ(゜Д゜)ガビーン

裏返しにしても・・・

やっぱり入らへん!Σ(゜Д゜)ガビビーン

ネットで調べたところ、オリンパス・フジフィルム共同規格のxDメモリの普及率が高くない為に、対応してないカードリーダーも数多く存在するとのこと・・・。

わてのカードリーダー、思いっきり対応してないやん!OTL
なので依頼主に事情を説明してカメラをお借りしてUSBからデータを入れることに。

そしてマイUSBをカメラに差し込もうとしたところ・・・

入らへん!Σ(゜Д゜)ガビーン

端子を逆さにしても・・・

入らへん!Σ(゜Д゜)ガビーン

依頼主に再度説明してUSBをお借りしても

やっぱり入らへん!Σ(゜Д゜)ガビビーン

これまたネットで調べたところ、対応してるUSBはmini14pinとのこと。
ちなみに僕のはmini-Bタイプ。お借りしたUSBもmini-Bタイプ。
依頼主もきっと勘違いされてるんだと・・・。
メールで再度付属のUSBを持ってきてもらおうと思いましたが、納期は土曜日。
明日まで待てない!ってな訳で・・・。
仕方ないので先ほどドンキで1780円で対応したカードリーダーを購入しました。OTLトホホ...

メーカー独自での開発も良いですけど・・・普及率で結構左右されますからね。
カードくらいは規格の足並みそろえてもいいんじゃないかな?って思います。
違うメーカーのカメラに買い換えたら今までのカードが使えないってことも・・・。
何とかならないんですかね。^^;
そんな規格に翻弄された一日でした。
[PR]
by kohji_924 | 2011-02-23 00:18
f0212770_23114526.jpg
晴れの日も、曇りの日も、雨の日も、雪の日だって、ボクは空を見上げ続けることができる…。
[PR]
by kohji_924 | 2011-02-21 23:42

仕事帰りに・・・

f0212770_2314140.jpg
今日はちょっとしたカメラの仕事がありまして。
仕事をこなした後、サイクリングショップに寄りました。
車がこんな調子なんで、新しい車が見つかるまで自転車に乗ろうかなと思いまして。^^
参考までにとお店に行った次第であります。

店内にはさまざまな自転車でひしめき合ってましたよ~♪
思わずテンションUPでございます!
ロードバイクからシティーバイク、折りたたみ自転車まで。
僕が欲しかった自転車は置いてなかったんですが、結構抱負な品揃えで楽しかったです。^^

店員さん呼んで欲しいと思っていた自転車について尋ねてみると
『うちには置いてませんねぇ。よろしかったら取り寄せましょうか?』
そう店員さんが言ってくれたので、僕はひと言
『結構です』(キッパリ)
意外と高い自転車なんでそう簡単に『お願いします』なんて言えません!(笑)
でも欲しいね。なので個別に貯金始めようと思います。^^
[PR]
by kohji_924 | 2011-02-20 23:43

車が壊れた・・・

f0212770_23445333.jpg
今日、撮影に向かってる途中で車が壊れた。
ギアが固くてなかなか思うように入らない。
原因は多分ギアからクラッチがうまい具合に離れてないんだろうと予想はできていた。

何とか誤魔化しながら進んでいたけど、いよいよギアが入り難くなって
クラッチワイヤーを調整しようと車の下に潜り込む。
一般的な整備くらいなら僕にもできる。
2月なのに潜り込んで作業をしてると汗が滲み出てくる。そんな少し春を感じる陽気。

作業しながら気づいたこと・・・。
かなり車の老朽化が進んでるってこと・・・。
走行距離なんともうすぐ18万キロに到達する勢い。
足回りもかなり改造してるから、どんな険しい山道だって進んでゆける。
といってもそんなに山に車で入ったことはないけど・・・。

薄汚れ傷つき錆付いた下回りを見てると、今まで本当によく頑張ってくれたと思えた。
僕はカメラが大好き。写真が大好き。そして・・・ドライブが大好き。
音楽をガンガンかけて大声で歌いながらドライブすると楽しい。
一年間の平均走行距離は軽く2万キロ強。

この車も走行距離からみても、お役目を全うできたんじゃないかと思えてくる。
結局ワイヤー調整をしてもうまくいかなかったが、なんとか騙し騙し帰宅することができた。

最後には停車中完全にギアが入らない状態。
車屋の友達に電話をして状況を説明する。
明日は本人の結婚式で忙しいというのに申し訳ない。

さてさてどうしたものか・・・。
[PR]
by kohji_924 | 2011-02-20 02:10

カノープスの光

f0212770_22202694.jpg
夜はまだまだ冷えますね~!
今夜は天体撮影に出かけたまではいいのですが、厚い雲で星たちはシャットアウト!
トホホ・・・とため息つきながら海岸沿いで携帯コンロで沸かした紅茶を飲んで今帰宅。
今夜は贅沢にも紅茶に高級ミルク入れてみましたぞ♪へへん♪(笑)

話戻して、この時期の星空の中にカノープスという星があります。
りゅうこつ座の一つで、方角は南側の位置にあり、国内では極めて観測の難しい星の一つです。
なんせ地平線から少しだけしか昇らないんですよ。
なので観測条件は地平線・水平線の見える場所か高所(標高の高い山など)からの観測になります。
おまけに月やネオンの光、大気の影響を受けやすいというオプション付き(笑)。

まだ僕はこの星を観測できる場所を見つけることができてません。
もしかしたらあの場所ならと目星をつけてる場所があるので、今度夜空の状態がいい時に行ってカメラに収めたいですね。
ファインダーから想いをこめて、いつかみなさんにカノープスの光をお届けすることを約束します。
[PR]
by kohji_924 | 2011-02-18 22:53

空と海とウミガメとボク

f0212770_2393789.jpg
水納島~北東部にて~ サイバーショットP7

水納島2日目。
朝に漁へと出かけ、焼き魚と飯盒で炊いたご飯で朝食を済ませ、島を散策ついでに海で泳ぐことにした。
水納島と書いてみんな島と読む。
沖縄本島の近くにも同じ名前の島があるが、こちらの水納島は一家族のみが住む有人島で宮古島と石垣島の丁度真ん中辺りに浮ぶ小さな島。(詳しくはココ)
島西部の海岸に到着。海風は少し強かったが海は満ちていて太陽の光を浴びて煌いていた。
初日には海水パンツを履くのに他人の視線を気にして木陰でコソコソ着替えていたが、一家族しか居ない島。
他人の目を気にする自体この島では可笑しな事だと気づき、砂浜のど真ん中でスッポンポンになって『オレは生きてるぞ~!』と両手を突き上げ、お天道様に向かって叫んでみる(笑)。

しっかり準備運動をして『いざ海がオレを呼んでいるぜぃ!』と、勇み足で向かうが、やはりチョット恐くて波打ち際に着く頃には勇み足から一変して石の上を叩いて渡るような弱々しい歩き方になってた。

波打ち際に到着するとまずは足、そして手、それから胸に水をかける。
小学校の頃に習ったことが今この瞬間に活かされてることを実感。
って、それほど意味のある行動なのかは不明だけど・・・。

海に入り、とりあえず胸の辺りまでの深さのところまで進んでみる。
海中に咲き乱れるサンゴが足にチクチクと刺さって結構痛い。

胸の辺りまでの深さのところまで来ると、結構潮の流れが早いことをヒシヒシと感じ始める。
とりあえず流れに向かってクロールで泳いでみた結果。
流れが強くて前に進めない(笑)。
ならば今度は平泳ぎで!
・・・進むどころか後退してしまってさっきより酷い結果に。

それでも四苦八苦しながら首辺りの深さまで泳いだ。
ここまで来るとさすがに流れに体を持っていかれそうになる。
波を受ける度に足が浮き流される。
結構身の危険を感じた瞬間だった。
島には一家族が住んでるだけ。
もし自分がココで流されたら誰が助けてくれる?
自分の身は自分で守らなければ・・・。

防衛本能全快で浜辺に戻ろうと決断して泳いで戻ろうと潜った時、目の前にいたのは・・・ウミガメ

必死に泳ぐ自分の近くをの~んびり気持ちよさそうに、それでいて人間である自分を恐れるどころかすぐ近くを自慢するかのように悠々と泳いでる。

ここでディズニー映画のリトルマーメイドみたく、ウミガメと一緒に歌を歌いながら泳げたなら・・・。
映画グランブルーのラストのようにイルカではなくウミガメが泳ぐ自分の上をジャンプ!なんてことも・・・。
そんな夢あることを考える余裕なんてまったくなく、その時の自分はウミガメにはなぜか嫉妬心がメラメラで・・・。

ウミガメが近くを通るのを待ってウミガメに向かって『オリャー!』と飛び掛り・・・。
今考えるとなんて無茶苦茶なヤツだと思うが・・・。
兎にも角にも飛び掛り作戦は成功し、なんとかウミガメの後ろ足付近の甲羅を掴むことができた・・・んだけど~!

急に掴みかかられたウミガメ、慌てふためいて一気に加速。
そのスピードが半端じゃなく滅茶苦茶速いのだ!
『お前ぇ泳ぎが速いのなぜ今まで隠してたぁぁぁぁ!』って思えるくらいの速さ。
濁流の中、必死にしがみついてた。アドレナリン全快で数秒なのか数十秒なのかすら分からないくらいに。

結局振りほどかれウミガメはどこかえ消えてしまって、気づいた時には胸より少し下くらいの深さのとこでボーッと立ち尽くす自分。
良くも悪くも島での大切な思い出はウミガメがくれた。
青い空と海と取り残された自分。
気がつけば海風は優しい風へと変わっていた。

もしあのままウミガメに掴まっていたら、竜宮城に連れてってくれたのかな・・・。
なんて思ったのかは自分だけの秘密。
[PR]
by kohji_924 | 2011-02-18 00:47